お買い物マラソンの攻略方法はこちら!ポイント大量ゲット!

Kindle Unlimitedはお得?コスパとメリット・デメリットを検証

Kindle Unlimited お得生活の知恵

キンドルアンリミテッド(Kindle Unlimited)を契約して早1年半

月額980円がはたしてお得なのか?

と思って契約しましたが、結論はめちゃくちゃ得だったと思っています。

この記事ではKindle Unlimitedに登録してよかったことや、残念だったことについてまとめていきます。

Kindle Unlimited契約前の参考にしてください!

最初の1ヶ月は無料で使えるので、読みたい本が1冊でもあったら契約して確かめてみてください!

Kindle Unlimited 無料体験はこちら

スポンサーリンク

Kindle Unlimitedは本当にお得か?

月額980円で12万冊以上の本が読み放題となるKindle Unlimited

漫画や小説なら2冊以上、ビジネス書なら1冊以上を読むなら980円のもとはとれます。
また、よく雑誌を読む方であれば最新号を色々とチェックできるので確実にお得です。

一方で読みたい本がない場合はもとをとれなくなり、ただただお金を払うだけになってしまうので、登録をする前に1冊でも読みたい本があるかチェックしておくのがおすすめです。

Kindle Unlimitedのラインナップを確認してみる

あくまで一例ですが、僕の場合は1ヶ月で96冊の本(漫画や雑誌含む)を読めました。

1冊500円と考えると48,000円なので、47,020円浮いた計算になります。

読む本が少ない月でも2冊読めばかなりお得です。

値段的なお得さはわかったところで、ここからは実際にKindle unlimitedを使ってみて感じたメリットとデメリットを紹介していきます。

Kindle Unlimitedのメリット

まずはKindle Unlimitedを使ってよかった点やメリットだと感じた点を紹介していきます。

12万冊以上の電子書籍が読み放題

ビジネス書にしてもマンガにしても、読みたいと思える本が数多く存在しました。

ジャンルも様々で小説、実用書、資格本、写真集、雑誌などがあります。

ベストセラーになった本や人気漫画、最新の雑誌もあったのは嬉しい点でした。

Kindle Unlimitedに登録してからは雑誌を買ったり、図書館に読みに行ったりすることがなくなりました!

好きなデバイスでオフラインでも読める

Kindle Unlimitedはスマホやタブレット、パソコン、Kindleの専用端末で読むことができます。

電子書籍はオフラインでも読めるので、自宅でダウンロードしておけば通信量や電波を気にすることなく読書できます。

躊躇ちゅうちょせずに途中でやめられる

読み始めた本があまりおもしろくなかったり、自分に合わなかったりしたときに、買った本だともったいなく感じてしまいなかなかやめることができません。

しかし定額読み放題のKindle Unlimitedなら、もったいないという感覚がなくなるので躊躇ちゅうちょせずに途中で辞めることができます。

結果的に時間を無駄に使うことがなくなりました。

Kindleの音声読み上げ機能と合わせると超便利

Fireタブレットを使うと本の音声読み上げができます。

最初は機械的な声で違和感を覚えるかもしれませんが、なれるとこれが非常にいい。

電車等乗り物での移動中はもちろんですが、家事をしている時、移動中も本を読む(聞く)ことができます。

音声読み上げ機能を使い始めてから読書の量が非常に増えました

電子的な音声が苦手な人は、プロが読み上げているAudibleがおすすめ!(どれでも1冊無料で試せます)

※Kindle端末は音声読み上げ機能はないので注意してください。

Kindle Unlimitedのデメリット

自分が勘違いしていた点もありつつですが、Kindle Unlimitedを使ってみて感じた悪い点・デメリットも紹介します。

途中までしか読めない作品があるのは残念

定額サービス内で1巻しか読めないマンガなど、全部のマンガを読めない場合が多々あります。

3巻など途中まで読んで続きからは有料ってなると買っちゃいますが、がっかり感は否めません

できれば定額内で読みたいところです。

一度に10冊までしか登録できない

kindle Unlimitedでは1度に10冊の本しか読むことができません

10冊というと十分な感じもしますが、並行して3冊くらい本を読んで、この漫画はあとでもう1回読みたいからもうちょっとおいておきたいなとかなった時に10冊って結構すぐに達します。

読み終わったら早く整理する、読む本はしっかり定めるとかする必要があるのが少し面倒です。

もう少し上限が増えると嬉しい・・

手元に本を残せない

読んだ本は自分のライブラリに残るわけではなく、10冊の保存上限の中で入れ替わり制です。

なので、あとであの一箇所だけ読み直したい、もう一回さらっと読みたいなと思ったときには、再度ダウンロードをする必要があります。

実用書やビジネス書では、あの本に書いてあった気がするからもう一回確認したいと思うことが頻繁にありますが、データで残らないのでスクショしておくか、ノートに書き写すなどの工夫が必要です。

Kindle Unlimitedは本当にお得か?まとめ

Kindle Unlimitedのメリット・デメリットを改めてまとめると以下でした。

Kindle Unlimitedのメリット

・12万冊以上の電子書籍が読み放題
・好きなデバイスでオフラインでも読める
躊躇ちゅうちょせずに途中でやめられる
・Kindleの音声読み上げ機能と合わせると超便利

Kindle Unlimitedのデメリット

・途中までしか読めない作品があるのは残念
・一度に10冊までしか登録できない
・手元に本を残せない

月額980円でたくさん本や漫画、雑誌を読むことができるので本当にお得です。

オフラインでも読めるので、環境を気にせずに読書できるのは本当に素晴らしい。

初めての方は30日間無料でお試しできるので、まずは実際に使ってみて使い心地を体験してみてください!

追記:Kindle Unlimitedをお得に使うならKindle専用端末を使うのがおすすめ

Kindle UnlimitedはスマホやPCなど各種デバイスで使うことができますが、Kindle Unlimitedをできる限り使い倒すにはKindle専用端末を持つのがおすすめです。

防水タイプを選べば

・電池持ちがいい
・スマホより軽量なので疲れない
・お風呂でも読める(防水タイプの場合)
・持ち運び時に水没故障を気にしなくていい(防水タイプの場合)

といったメリットがあります。

スマホと違って読書中に通知が来ないので、読書に集中できるのもメリットです。タブレット端末と比べると軽い点も読書には嬉しいです。

複数種あるKindle端末の中から最適なKindle端末を選ぶ方法はこちらで紹介していますので参考にしてください。

【2022】Kindleの選び方完全ガイド
Kindle端末の選び方を徹底解説。機能や容量などからあなたに最適なKindle端末を探せる診断チャートも用意しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました