【コスパ】コインランドリーと自宅での洗濯、どちらがお得か?分岐点を考える | ミヤログ
男性におすすめの化粧水10選を紹介

【コスパ】コインランドリーと自宅での洗濯、どちらがお得か?分岐点を考える

新しく生活を始める前や心機一転転居する場合など

果たして自宅に洗濯機があったほうがいいのか?
それともコインランドリーで十分なのか?

疑問に思う方もいると思います。僕もそうでした。
すでに洗濯機+衣類乾燥機を使っているのですが、コスパで考えるとどうなのか?ってことでまとめてみました。

結論1年以上暮らす場合は自宅への購入がおすすめです。

まずは自宅での洗濯とコインランドリーでかかる金額まとめ

まず最初に自宅での洗濯とコインランドリーでの料金を比較するために、それぞれの料金を明らかにしていきます。

自宅での洗濯+衣類乾燥の値段

洗濯1回あたりは
水道代と電気代をあわせて27円程度

洗剤はジェルボールを使用するとして
500円17個だから、1個あたり29.4円

水道台と電気代をあわせて約56円

衣類乾燥機を使うと2時間くらいで電気代は38.4~63.8円なので、間をとって50円として計算

合計で洗濯1回あたりは約106円になりました。

1回の洗濯って結構お金かかってるんだなって思いました。

※ジェルボール使わないで通常の液体洗剤や粉洗剤を使えばもっと安くなります

コインランドリーの値段

コインランドリーは1回あたり洗濯が400円

そして乾燥機が10分100円です。

乾燥機10分では乾かないので1回あたり20分使うとして

洗濯1回あたり600円になります。

洗濯機や衣類乾燥機の値段を考えないと、1回あたり500円くらい自宅のほうが安くなるね

自宅で洗濯するのにお金がかかるのは機材

単純に1回あたりの電気代や水道代だけ考えれば圧倒的に安いのは自宅での洗濯になります。

ただし自宅で洗濯をするには「洗濯機」と「衣類乾燥機」を揃える必要があります。
※コインランドリーの魅力は乾燥までできることだと思っているので、衣類乾燥機の購入は必須としています。

つまり、本体の金額を考える必要があるってことです。

縦型洗濯機は通常のサイズ(5kgくらい)で30,000円くらい
衣類乾燥機は5kg対応で50,000円くらい
衣類乾燥機の設置にかかる料金で10,000円くらい

機材を合わせると初期投資として90,000円かかることになります。

コインランドリーは1年以内ならコスパ高し

3日に1回洗濯をする計算でコインランドリーのコスパを考えていきます。
つまり1年間だと約122回となります。

まずは1年だけ使用した場合

コインランドリー

600円×122回=73,200円

自宅

106円×122回+機材90,000円=102,932円

1年だけ使用した場合をみるとコインランドリーのほうが30,000円程度お得です。

1年間だけしか暮らさないって場合は、自宅に洗濯機を買わないでコインランドリーを使ったほうがお得と言えそうです。

洗濯機と衣類乾燥機を1年使ってリサイクルショップに売ったら自宅の方がお得になる可能性もある金額差だね

2年目には自宅の方がお得に

続いては賃貸の契約期間に多い2年だけを使った場合で考えます。

コインランドリー

600円×244回=146,400円

自宅

106円×244回+機材90,000円=115,864円

2年使った時点で自宅のほうが30,000円くらいお得になります。

賃貸物件に住む場合、契約期間の2年だけ使うとした場合でも自宅に機材を購入したほうがお得になることがわかります。

1年以内なら初期投資の機材の金額が大きいのでコインランドリーの方がお金がかかりませんが、2年目になると1回あたり500円くらいの金額差が大きくのしかかってくることがわかりました。

一応計算、どんどん差がつく3年使った場合

コインランドリー

600円×366回=219,600円

自宅

106円×366回+機材90,000円=128,796円

3年間使った場合をみると大幅に自宅での洗濯のほうが安くなります。金額差にすると90,000円程度お得になります。

機材投資分を一度回収してしまえば、あとはお得になる一方なので自宅の方が断然お得になります。

最初に買ったのと同じ機材であれば、3年間使用後に新しいものを新たに買えるくらいの金額差になります。

コインランドリーと自宅の損益分岐点は「182回」

何回洗濯を自宅での洗濯がコインランドリーよりもお得になるのかを計算すると

y=600x
y=106x+90000

x≒182

となります。

つまり182回を超えた以降は自宅に洗濯の機材を整えて洗濯したほうがお得になるってことです。

2日に1回ずつ洗濯するくらいの頻度であれば約1年で自宅のほうがお得になると言えますね。

布団とか自宅では洗いにくいものだけコインランドリーに行くのが賢い使い方な気がするね!

1年暮らすなら洗濯機+衣類乾燥機を買うのが良さそう

計算結果からみると、1年以上同じ場所に暮らすならコインランドリーに通うよりも、自宅に機材を揃えるほうが良さそうです。

コインランドリーを使う理由として「乾燥機が使えること」を重要視している方も多いかもしれませんが、自宅に乾燥機を置いたほうが安かったり、そもそも便利です。

僕も自宅に衣類乾燥機をおいていますが非常に便利で、洗濯に関してストレスフリーになりました。

衣類乾燥機の購入を考えている方も、今後、洗濯機+衣類乾燥機の購入を考えている方も「衣類乾燥機かドラム式か?僕が洗濯機+乾燥機をおすすめする理由」で詳しく導入過程についてまとめているので参考にしてみてください。

洗濯機と衣類乾燥機を別で購入。ドラム式をやめて乾燥機を別にした理由 
一人暮らしの僕がドラム式か衣類乾燥機を検討し、衣類乾燥機を購入しました。どのように選べばいいのか、両方使った僕が、それぞれのメリットとデメリットをまとめました。また、衣類乾燥機と洗濯機を別に購入したほうがいい理由も紹介しています。

また、衣類乾燥機に入れていいものダメなものは「やってみて本当にわかった。乾燥機に入れてはいけないもの」で紹介しています。

やってみて本当にわかった。乾燥機に入れてはいけないもの
これは絶対に乾燥機に入れてはダメというものがありますので、ミスして入れないように備忘録的にまとめました。

■関連記事

【一人暮らしの家事時短】使うべき時短家電と神グッズまとめ
一人暮らし歴10年の僕が、一人暮らしにおすすめの時短につながる家事グッズ・家電を紹介します!1つ道具を代えるだけで大きな時短ができますので、参考にしてください。
【2020年版】アマゾンや楽天でも買える僕がリピート購入をしているもの
AMAZONや楽天でも買える、一人暮らしの僕がリピートして購入しているものをまとめました。日用品のクオリティをあげると幸福度が上がるとおもっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました