師匠って誰?『ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム』を読んだ感想 | ミヤログ
おすすめ記事:【一人暮らしの質を上げる】買ってよかったもの・契約してよかったサービス

師匠って誰?『ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム』を読んだ感想

『ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム』 を読んだ感想 読書感想

先日知り合いからから激押しされた本がありました。
それが『ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム』です。

なにやらこの本の著者である高崎圭悟さんという方をとてもすごい方らしく、この本は非常に素晴らしいと激押しされました。

そこまでオススメされたら買いたくなっちゃうよ。
と思って探してみたら、なんとKindle Unlimited で無料で読めちゃうじゃないですか!

ということで、早速読んでみました。

僕の感想のキーワードは「とりあえず行動」「やるなら本気で!」「何者?」「師匠」の4つです。

キーワードを踏まえつつ、感想をまとめていきます!


ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム

ハイスコアの概要

人生迷ってないですか?迷ってないでさっさっと行動しようよ!
今の働き方に迷ってないですか?迷ってないで行動しようよ!
一度きりの人生なんだから、最高に楽しんで、自分にとっての最高点(ハイスコア)を目指そうよ!

って感じの内容です。自己啓発本らしい自己啓発本でした。

いま人生のあり方や働き方に迷いがある
迷いとまでは言わないがなんとなくもやもや感がある
やりたいことってなんだろう?このままでのいいのかな?
とか思っている。
みたいな人には「自分もやらなきゃ!」って思えるような内容なのかなと思いました。

ハイスコアの感想

ここからは4つのキーワード「とりあえず行動」「やるなら本気で!」「何者?」「師匠」についてまとめていきます。

「とりあえず行動」「やるなら本気で!」

本著の内容で言いたいことは「とりあえず行動」「やるなら本気で!」この2つなんじゃないかと。

ずっと迷っていても何にも生まれないよ。
行動から生まれるよ。早く行動しようよ!
せっかく行動するなら本気でやった方が楽しいよ!
適当にやったことって成果も出ないしね。

みたいなことかと思います。
この意見には非常に同意します。

迷っているだけの時ってもやもやするだけで自分の精神をすり減らすだけですし、迷うに迷って行動した結果すぐに問題解決しちゃったみたいなことは多々あります。

そして、やるからには本気で。ってところに関しても、今ままの経験から言っても本気でやったことは失敗してもいい思い出や糧になっていると思いますが、適当にやったことって記憶にも残っていないし、ただ時間を浪費しただけだと思います。

本気でやった部活の記憶は残っているけど、適当にやったサークルの記憶は残っていなく、何も身についていないみたいな経験です。

同じような経験ありませんか?

結局成功している人って何か行動して本気で取り組んできた人たちなんですよね。
迷ったら行動しよう!自戒を込めて言っておきます。

高崎圭悟さんって「何者?」

全体を通して高崎圭悟さんがどんな人なのかよくわからないです。

かなり簡単な経歴は書いてありますが、現在どんな仕事をしていて、どうやって稼いでいるのかがあまりわかりませんでした。

イルカと一緒に泳いでいる写真をインスタに投稿しているってことくらいはわかりましたが。。

本書の内容的にあまり詳しく述べる必要がないから書いていないのか、やっている内容を詳しく書けないのかは分かりませんが、どんな人でどうやって稼いでいるのか分かった方が話の内容が入ってきやすいなと思っただけです。

高崎圭悟さんの「師匠」って誰?

本書には高崎さんの「師匠」と呼ばれる人から、高崎さんが受けとった助言や教えが多々登場します。

師匠が言っていることはとてもいいことですし、大事なことだし勉強になったと感じました。

ただ、その師匠が誰なのか?
どんなことをしている人なのか?
どんなことをしてきた人なのか?
など全くわかりません。

先ほど高崎さんは何者?って疑問に感じると書きましたが、それを思わなくなるくらいに師匠は誰なのか分かりません。

最初から最後まで読んでも師匠が一体だれでどんな人なのかはわかりません。
名前すらも。

最初の方は後でどんな人なのか紹介があるのかな?と思っていたのですが、これが驚き、最後まで師匠のままです。

なぜ実名を出せないのか?会社名を出せないのか?とか疑問が増える一方で、なんか嘘くさいなーって思う一方でした。

そもそも「師匠」って表現の仕方も何か引っかかるものがありました。

ということで、師匠という呼び方や高崎さんについて調べた結果がこちらです。
(本の感想からは脱線します。)

師匠と高崎さんとネットワークビジネスについて

検索結果からわかったことは
ワンダーランド or 環境 と呼ばれるネットワークビジネス
だということです。
マルチと言っても分かりやすいかもしれません。
そういう団体関連らしいです。人さまのブログやTwitterの情報からかなりでてきました。
本人の現在の収入源とか師匠の収入源とかが不明確なのもある意味納得しました。

師匠は誰なのかわからないので検索のしようがありませんが、高崎さんはセミナーの講師等をやられているようでした。

そしてこのワンダーランドだか環境って団体の特徴は

・金持ち父さん貧乏父さんをやたらとすすめてくる
・ESBIからなるクワドラントという概念からBになることを激押しする
・最初は友だち→団体での飲み会(貸し切り形式が多い)→成功した人に会わせる→勧誘へ
・成功している方がやっているお店や家などに誘われることがある

って感じらしいです。

ネットワークビジネスが悪いものとも思っていないのですが、今まで接することのなかったネットワークビジネスとKindle Unlimitedで読める作品で出会えるとは思っていなかったのでちょっと新鮮でした。

色々なところにいろいろな接点があるから楽しいし、一方で気を付けなければいけないと思いました。

ハイスコア感想まとめ

ネットワークビジネスとか高崎さんの素性とかは無視しして、行動しよう!最高点めざそうよ!って考えには非常に同意しました。

普段生活していると、なあなあになってしまったり、適当に行動してしまったり、このくらいでいっかとあきらめたりすることがあります。
適当に暮らしていれば適当かそれ以下の結果にしかならないし、振り返ったときに後悔することの方がおおいと思います。

時間がたって自分の行動をふりかえったときにできるだけ後悔することを少なくしたいですので、ハイスコアを目指して、迷わずに行動していこうと改めて思いました。

やる気が出そうな自己啓発本を探している方や、行動するまでに時間がかかってしまう方には非常におすすめできる作品だと思いますので、Kindle Unlimited で無料で読んでみてください!

おわり

Kindle Unlimitedを無料で試す → Kindle Unlimitedの登録はこちらから


ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム

■そのほかKindle Unlimitedで読めるおすすめの本はこちら

【kindle Unlimited】無料期間でどのくらいの本が読めるか確かめてみた
kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を契約して1ヵ月たちました。実際に使ってみて本当に得なのか?どんな本が読めるのか?おすすめの本はあったのか?についてまとめました。検討している方、面白い本を探している方の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました