肌がぼこぼこに(凸凹)なってしまった後にできる肌対策 | ミヤログ
一人暮らし歴10年以上の僕が選ぶ最強グッズはこちら

肌がぼこぼこに(凸凹)なってしまった後にできる肌対策

メンズスキンケア

ニキビなどができた結果として顔にできてしまう凸凹。

他人からの見栄えもよくないですし、何より自分としても気持ちよくないですよね。

あまりにひどくなってしまったら美容クリニック等の病院に行く必要がありますが、そこまでひどくない肌の状態であれば自分で隠すといったことも可能です。

ということで、本記事では病院に行く前にできることとを紹介しつつ、病院に行くとした場合に男性のニキビについてのケアをやっている場所をまとめていきます。

きれいで見た目のいい肌を維持しましょう!

自分でできる肌の凸凹対策

まずは自分でできる肌の凸凹対策です。

洗顔料を変更してみよう

洗顔バルクオム

ニキビができる原因として肌の洗いすぎということもあります。

肌の脂を落としすぎることによって、逆に脂を分泌しなければと肌が勘違いしてさらに脂を分泌させてしまい肌荒れにつながる可能性があります。

男性用のテレビでCMをやっているような洗顔料は洗浄力が非常に強いものが多いですので、肌が荒れがちな方には不向きといえるでしょう。

僕はCMでやっている洗顔料を使って肌荒れが悪化したよ。。

そこでおすすめなのが、無添加の石鹸の利用です。

僕が肌荒れが一番ひどかった時に使っていた石鹸は以下でした。


この石鹸を使い始めたらニキビができづらくなったと感じました。

ただし、この石鹸ですが手だけだと非常に泡立てづらいです。
手でごしごし洗うことも肌荒れにつながってしまい凸凹を悪化させる可能性がありますので泡立てネットを使うことをおすすめします。

泡立てネットはこれまで100均、無印良品などいろいろ使ってきましたが、以下の商品が圧倒的に泡立ちました。

ちなみに今は肌荒れがしづらくなったので、石鹸成分がメインの洗顔料を使っています。
今使っている洗顔料については以下でまとめています。

評判はどうなのか?500円でバルクオムの洗顔を買って使ってみた感想

洗顔の後はしっかりとアフターケアをしよう

洗顔の後と髭剃りの後は絶対にスキンケアをしましょう。

洗顔を使ったあとや髭剃りをした後は肌が敏感になっています。また、髭剃りでは傷がついたりもします。

敏感になった肌を放置すると肌荒れやニキビの原因になりさらに凸凹を悪化させる可能性がありますので、絶対にスキンケアをしたほうがいいです。

化粧水とか全く使っていなかったときのほうが肌が荒れやすかった記憶があるよ

化粧水や乳液でのケアが基本になりますが、化粧水を選ぶ際には肌質が重要になってきますので、自分の肌質を知る必要があります。

肌質の知り方や、肌質にあった化粧水については以下の記事で触れているのでよかったら読んでみてください。

評判は?バルクオムの化粧水を使ってみたので感想をまとめます。

にきびや凸凹を隠そう

洗顔やスキンケアをしながらもすぐには治らないこともあるので、デートや絶対に決めたい商談など大事な場面では、凸凹を隠してしまうという手段もあります。

※見た目の印象で結果が左右されることもあるので、見た目を整えることは重要かと思います。

隠すときに使えるのがBBクリームです。

最近は男性でも使っている方が増えてきて、特に就活メイクという形で就活用の写真を撮るときに使用したり、面接のときに使用して好印象に見せたりとされています。

BBクリームとは

BBクリームはの「BB」は、ブレミッシュバーム(Blemish Balm)の略です。ブレミッシュは「傷」や「欠点」という意味です。本来BBクリームは肌に残った跡や傷など隠す軟膏として処方されていましたが、その後コスメ用として販売されるようになって現在に至ります。

まだ男性用商品がたくさんは販売されていなく、市場としてもあまり盛り上がっていませんので、ほかの方が使う前に自分だけ使用して見た目の印象をよくするっていうのもありな気がします。

メンズ用のBBクリームの中でも以下の商品はアマゾンでも楽天市場でも1位を取るほどに人気な商品ですのでよかったら使ってみてください。

ひげの剃り跡を隠したり、クマを隠したりするのにも使えたし、肌になじみやすいと思ったよ!

\公式サイトだと300円安く買えます!/

プロに相談する手段も考えよう

自分ではどうしようもない場合や、早く治したい場合はプロに相談する手段があります。

プロに相談する場合には2つの手段があります。それは

  • 皮膚科で相談する
  • 美容クリニックに行く

の2つの手段です。

一見同じように感じますが、それぞれ目的が異なります。

  • 皮膚科 → 皮膚の病気をなおすこと
  • 美容クリニック → 肌を美しくすること

例えばニキビ治療で考えてみると、皮膚科は塗り薬や飲み薬などで健康保険の適応範囲内で皮膚病としてのニキビの完治を目指していきます。

一方で美容クリニックでは、にきびの炎症を鎮め完治させるとともに、にきびの跡や色素沈着の治療、にきびのできにくい体質改善の指導などの治療を目指します。

つまり肌の凸凹を治したいといった場合は病気ではなくなるので、美容クリニックのほうが適してると判断できます。

どっちが自分に合っているかは、肌の状態で判断しよう!見た目をきれいにしたいならクリニックだね!

相談しやすいクリニック

皮膚科は地元のものに行けばいいと思いますので、ここでは美容クリニックの中でも男性用に特化していて、体験等でほかのクリニックと比較して安く行きやすいクリニックを2つ紹介します。

ダンディハウス

名前から言って男性用とわかるようなクリニックですね。

創業30年と歴史があり、実績もあるので信頼できるクリニックです。

自分の肌の状態にあわせてケア方法をカスタマイズしてくれるので安心して施術を受けることが可能です。

\栄養指導や日常生活のアドバイスも体験に含まれてます/
ゴリラクリニック

各店舗に絶対に男性看護師を配置しているのが特徴です。

自分の肌の悩みを女性に相談しづらいことがあっても、同性の男性に相談できるので安心です。

ゴリラクリニックでは2,980円で肌年齢や肌質、肌の状態などを診断でき、医師からのアドバイスももらえて、基本的なスキンケアまでついた体験が可能です。

また、無料でカウンセリングに行って相談することも可能なので、メンズ美容クリニックの中では一番行きやすいクリニックだと思います。

\無料で相談に行ってみる/

肌対策まとめ

肌がぼこぼこ(凸凹)になってしまった時の対策をまとめました。

対策としては自分でできるものからプロに任せるものまでさまざまです。

ご自身の肌の状態があまりわからないようであれば、一度皮膚科で診断してもらうか、クリニックで体験に参加してみるのがいいと思います。

何もやらなければ変わらないので、まずは行動してみることが大切じゃないでしょうか?

僕も色々試してみた結果肌の調子が良くなっています。

試さないと自分に合っているかもわからないので、まずはいろいろと試してみてください!

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました