【美容師に教えてもらった】はげない・薄毛対策の髪の毛の洗い方 | ミヤログ

【美容師に教えてもらった】はげない・薄毛対策の髪の毛の洗い方

メンズヘアケア

年齢を重ねてくると段々と増えてくる「髪の毛の悩み」

男性の方々、薄毛や抜け毛など、段々と心配になってきていませんか?

・朝起きると抜け毛が気になる
・風呂場に貯まっている抜け毛がすごい
・髪の毛が段々と薄くなっている気がする
・髪の毛のハリがなくなっている気がする

など様々な悩みがあるのではないでしょうか?(←これ、全部僕の悩みです。)

何歳まで髪の毛について悩むのだろうか?果てしない。

僕も非常に悩んだり、将来のことを心配しています。はげたくない。ただそれだけです。

間違った方法で髪の毛を毎日洗っていると頭皮にダメージが蓄積し、抜け毛や薄毛の原因にもなります
これは、防がねばなりません。

正しい髪の洗い方を覚えて実践すれば頭皮にダメージを少なくすることができますので、抜け毛や薄毛の対策、将来のために抜け毛や薄毛の対策にもなるということです!

しかも頭皮の臭い対策になります。
正しい洗い方はいいことしかありません。

育毛剤や発毛剤も大事かもしれませんが、まずは毎日行うケアとして「髪の毛・頭皮の正しい洗い方」を身に着けることが重要なんだと思っています。

さてそれでは、洗い方をマスターしていきましょう!

シャンプー泡

髪の毛・頭皮の正しい洗い方

本題である、髪の毛・頭皮の正しい洗い方について各ステップについてそれぞれ詳しく見ていきます。

シャワーのお湯の温度と水圧を調整

シャワーを高い温度にして強い水圧で洗い流しがちですが、これはNGです。

高い温度にすると皮脂が必要以上にとれてしまって頭皮が乾燥する原因になってしまうからです。
また、水圧を高くすると物理的刺激によって頭皮も髪の毛もダメージを負ってしまうからNGなんです。

調べて知るまで高温かつ高水圧で洗ってたぞ。。

お湯の温度は体温と同じくらいの36~38度が理想の温度になります。
水圧は表現するのが難しいですが、シャワーを壁に当てたときに水しぶきがたくさん飛び散るようでしたら強いです。

美容院で髪の毛を洗ってもらうときを思い出すとわかりますが、ぬるいお湯で弱い水圧で髪の毛を洗ってくれますよね?
あんな感じが理想ってことです。

シャンプー前に湯洗い←これポイントです

シャンプーをする前に、とりあえず濡らす程度にお湯をかけている方も多いのではないでしょうか?僕も以前はそうでした。

濡らす程度ではだめです。
シャンプーをする前に十分にシャワーで流しましょう。
「湯シャン」という言葉もありますが、髪の毛の汚れはお湯だけで約90%は落ちます。

最低でも1分~2分程度はお湯をかけながら、頭皮をもむように洗ってください。
髪の毛どうしをこすり合わせるようにすると、髪の毛が傷む原因になるので注意してください。

ちなみにですが、今まで濡らす程度にしかお湯をかけてなかった身としては、1~2分ってめっちゃ長く感じます

慣れてくるとそうでもありませんが、最初は大変です。

はげないためと思ってめげないで続けてください。

適当に濡らしていきなりシャンプーはNGってことね。

シャンプーは泡立ててから髪の毛に

バルクオム シャンプー 泡立ち

髪の毛どうしをこすり合わせて泡立たせる方法は髪が傷む原因になります。

濡れた状態の髪は弱っている状態ですので、擦った際の摩擦で髪が傷んでしまいます。

しかし髪の毛が濡れていない状態でシャンプーをつけると摩擦で傷みますので、しっかりとシャワーで洗ってから、手でしっかり泡立ててシャンプーをしましょう。

しっかりとお湯で洗い流す、髪の毛同士を擦り合わせないがポイントです。

頭皮をしっかり洗うことが抜け毛・薄毛対策に

洗髪

頭頂部は洗いやすいのですが、後頭部や耳のまわりなどは洗い残しが多い場所なので注意して洗うようにしましょう。

特に耳の周りは体臭の原因にもなりますので、しっかりと洗ってください

また、洗う時は下から上に向かうように洗うことをおすすめします。

下から上(おでこから頭頂部、襟足から頭頂部)に持ち上げるようにマッサージしながら洗うことで肌のリフトアップにもつながるので、是非実践してみてください。

また頭頂部に関しては頭皮が固くなりやすいので、しっかりとほぐすように洗いましょう。

肌のたるみは老け顔につながるので、髪の毛も保ちつつ、顔も若さを保つようにしましょう!

しっかりと洗い流す

髪の毛を洗い流す際は、洗い残しが多い襟足からはじめてください。

洗い流しのポイントですが、下向きに生えている髪の毛に対して、逆方向(下から上)にすすぐと効果的に洗えます

ただし、水圧を上げてシャワーヘッドを上向きにすると天井が濡れてしまいますので、注意しながら洗ってくださいませ。

シャンプーのすすぎ残しは頭皮にストレスを与えたり、ニオイや頭皮トラブルの原因となりますので、時間をかけて丁寧にすすいで。

コンディショナーも同様にしっかりと洗い流さないと頭皮トラブルの原因になりますので、すすぎはしっかりとです。

お風呂から出たあとにすること

ここまででシャンプーやコンディショナーを使って髪の毛や頭皮を洗うことができました。
しかし、ここで終わらせてはいけません。
髪の毛を乾かすところまでが一連の流れとして捉える必要があるのです。

しっかりと水分を拭きとる

後述しますが、ドライヤーでのドライは必須になります。

ドライヤーで乾かしやすくするためにも、まずはタオルで乾かす前に髪を絞って水気を落とします。

その後にタオルドライをしてください。

タオルで拭く際にはごしごし擦ると髪の毛どうしが摩擦して傷みますので、できるだけ吸水させるように乾かしてください。
頭皮に近い方は揉み込むように水分を拭き取るのがいいです。

この際に、給水力が高いタオルを使うと通常のタオルよりも水をたくさん吸ってくれます。

するとドライヤーをかける時間の短縮にもつながるので、給水力の高いタオルを使うことをおすすめします。

僕は以下のタオルを使ってます。

ドライヤーは使いましょう。使わないと薄毛・抜け毛の原因に


最後に気をつけることは、髪の毛を濡れたままの状態にしないことです。

髪を濡らしたままにするとニオイや炎症のもとになります。

結果的に抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

ここまでの一連の取り組みを頑張っても、最後にドライヤーを使わないだけで台無しにするのはもったいないです。

ドライヤーで乾かすところまで行って「髪の毛を洗う」一連の動作と考えてください

髪の毛を乾かすときのポイントは
・ドライヤーは髪の毛から10cm以上は離すようにする
・ドライヤーの風は一箇所に当て続けるのではなく、小刻みに振って使う
・髪の毛は根本から乾かす

温風で乾かすことは重要ですが近すぎたり、熱をあてあすぎたりするのも髪の毛を痛める原因になりますので、ポイントをしっかりとおぼえて乾かしましょう。

正しい洗い方で髪の毛をいい状態にしよう

僕自身この正しい洗い方を美容師さんにならい、またネットでも調べて実践しはじめてから数カ月がたちました。

正直最初はめちゃくちゃめんどくさかったです。

今まで以上に洗うのに時間がかかるし、いろいろと手間です。
ただ、慣れてくると普通です。
習慣化してしまえば全く苦になりません。

後は将来はげないためと思って、最初に頑張れば後はただの習慣です。

最初に頑張ってください。

個人的にはちょっといいシャンプーとかタオルとかを最初にそろえてしまって、自分にとって逃げ道をなくすのがおすすめです。

正しい方法でしっかりとケアをして、髪の毛・頭皮をいい状態で保ちましょう!
(将来はげないといいな。。。)

最初は大変だけど習慣になれば簡単。将来のためにがんばろ

参考までに、おすすめのヘアケアアイテムを紹介します

いままで多くのアイテムを試してきた中で、個人的におすすめなヘアケアアイテムを紹介いたします。

みなさんも、ぜひいい商品と出会ってください!

①シャンプー

バルクオムのシャンプーが非常に泡立ちが良いのでおすすめです。

香りもとてもいいので、正しい洗い方をするときに、ずっと気持ちいい香りに包まれるのは結構幸福感ありますよ。

アミノ酸系のシャンプーといって、頭皮にも髪の毛にも優しいシャンプーになります。

レビューは別途記事にまとめるので、今度更新します。
※レビューまとめました!

【広告や口コミは嘘?】バルクオムのシャンプーを1年以上使い続けている理由【レビュー・評判】
バルクオムのシャンプーを1年ほど使って特徴やレビューをまとめました。実際に使った感想なので広告や口コミが嘘っぽいと思う方はリアルな意見として参考にしてください。

また、日々のシャンプーだけだとどうしても汚れが溜まってしまったりするので、1週間に1回位の頻度で炭酸シャンプーを使うのもおすすめです。

【炭酸シャンプーの薄毛や育毛の効果は?】調べて何本か使って確かめた
炭酸シャンプーははげるみたいなことも聞いたことがあったので真偽を確かめています。実際に、炭酸シャンプーを使ってみて薄毛対策・育毛に使えるものなんじゃないかと思っています。本記事では炭酸シャンプーの効果・使い方・デメリット・おすすめの商品についてまとめています。

②タオル

このタオルが触って気持ちよく、給水力も優れいているのでとても使いやすいです。

あまり水を吸わないタオルを使っていると、ドライヤーをかける時間が長くなって段々とめんどくさくなってきますので、道具を揃えることでできる限りストレスなく髪の毛・頭皮のケアをするのがいいと思っています。

③ドライヤー

風量が強いものがおすすめです。

ちょっと高いですが乾かす時間も短くなるので、ダイソンのドライヤーはとてもいいです。

これは買って後悔しない商品でした。

ただ、ダイソンは高いです。
最近でた商品でダイソンと風量が遜色なくて5000円くらいで買えるものがあるので参考にしてください。

④頭皮ケア

頭皮に栄養を与えることも重要です。

さらに頭皮ケアを気にする方には必須のアイテムです。

僕はバルクオムのスキャルプセラムを使っています。

セットで買うと安いので上記のシャンプーとセットで買うことをお勧めします。

揉みこむように使って、頭皮の血行を促進してあげましょう。

⑤シャワーヘッド

しっかりとシャンプー前に髪の毛をすすいだり、シャンプーをしっかり洗い流したりすると今まで以上にシャワーの時間が増えると思いますので、節水しておいたほうがいいかと思います。

節水タイプにシャワーヘッドに変えても水が減ったなって感じることはあまりなかったので、節水しておいたほうが無難なのかなと思います。

洗い方をマスターすると、頭皮がやわらかくなったり、かゆみがなくなったり、フケが出なくなったりといいこと尽くしです。

繰り返しますが、今までの洗い方よりも時間のかかる洗い方です。

最初はしんどいし、めんどくさいです。

ただ、将来のために髪の毛を洗うのに時間をかければ、はげ対策になる可能性大だと思ってます。

将来のための投資の時間だと考えて、正しく髪の毛・頭皮を洗いましょう!

僕は髪の毛のハリとか抜け毛が気になりだしたので、毎日ケアを続けていきます。

頑張って続けましょう!

おわり

コメント

タイトルとURLをコピーしました