化粧水を冷蔵庫で保存するのはなし。気持ちよくてもやめておこう | ミヤログ
おすすめ記事:【一人暮らしの質を上げる】買ってよかったもの・契約してよかったサービス

化粧水を冷蔵庫で保存するのはなし。気持ちよくてもやめておこう

化粧水の保管場所に冷蔵庫はNG 化粧水・乳液

化粧水を冷蔵庫で冷やすと冷たくて気持ちがいい
化粧水を冷やして置いたほうが肌が引き締まる
冷蔵庫に保存して置いたほうが品質が落ちないのでは?

こんなことを聞いて昔やったことがありました。
特に夏の暑い時期だと今でもやりたくなる気持ちもあります。

しかし、化粧水を冷蔵庫で保存するのはNGの場合が多いんです。

その理由と正しい保存方法についてまとめました。

化粧水を冷蔵庫に入れるのはNG?その理由は?

化粧水を冷蔵庫で冷やすことによって、化粧水の成分が結晶化してしまいます。(凍ってしまうイメージです。)

常温に戻せば溶けますが、急激な温度変化によって品質が劣化してしまう可能性があります。また、使うときに結晶から戻っていないものがあれば、使用の際に違和感が生じたり、結晶が肌を傷つけてしまう可能性すらあるので注意が必要です。

化粧水を冷やしておくと肌の引き締め効果があるんじゃない?

と思うかもしれません。
しかしこれ、冷えた水分によって毛穴が引き締まってるだけなんです。

化粧水でなくても問題がないので、水で洗えば引き締まると言うことになります。
化粧水を冷やしてしまうと劣化の恐れがあるので、引き締めたい場合は水や水で冷やしたタオル等を使うことをおすすめします。

冷やしたいという思いがある一方で、温めたほうが美容成分の運動性が高まると言ったデータもでています。ですので、常温保存して手で温めてから使うという通常の使い方のほうが肌のためにはいいでしょう。

冷やしてもOKな化粧水もあります

しかし、どうしても冷やした化粧水を使いたいという方もいるかも知れません。

そんな方は「冷やし」に対応している化粧水を買ってみましょう。

ロート製薬の肌ラボやコーセーの米肌は冷やしを強調していたりします。

参考サイト
「肌ラボ」とスヌーピーがコラボ。冷やすと柄が浮き出る限定デザインボトル登場!(ロート製薬株式会社)

米肌 冷やし美容はじめました

メーカーが公式で冷やしを謳っているものを購入するようにしましょう。
冷やしに対応していない商品を冷やした場合、劣化や肌が傷つく恐れがありますので。

正しい化粧水の保管方法

化粧水は直射日光、高温多湿を避けた場所に保存が大切です。

自分が化粧水を置いておきたい場所に日光があたってしまうようでしたら、収納ケース等に入れて直射日光を避けることをおすすめします。

また、高温多湿を避ける必要がありますのでお風呂場は避けたほうがいいです。まさに高温多湿という場所ですので。

しかしながら化粧水によっては冷蔵庫での保管を推奨している場合などもありますので、保管方法について指定がある場合はそれに従いましょう。 

裏面の細かい文字をみれば書いてあるよ!

化粧水の保存方法 まとめ

直射日光や高温多湿を避けて保管すること
冷蔵庫での保存はNG

が基本ですが、メーカーの推奨に従って保存するのが1番です。

どの化粧水も同じ保存方法ではありませんので、化粧水を買い換えるたびに裏面等、使用方法が書いてある箇所をしっかりと読んで、ベストな状態で化粧水を使えるようにしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました