【はげたくない】はげないためにシャンプーの種類と選び方を調べてみた

メンズ シャンプー ヘアケア

シャンプーを買おうと思ったときに、どのシャンプーを買えばいいのか迷った経験はありませんか?

僕は今まではドラッグストアで売られている安いものを購入していましたが、20代後半ともなり、髪の毛の心配をするお年頃にもなりましたので、

シャンプーってどうやって選んだらいいのか?
どんな種類があるのか?

と気になったことを調べてみました。

本記事では、僕が調べた結果として、シャンプーの種類と選び方について紹介し、以下の疑問を解消していきます。

・シャンプーってどんな種類があるの?
・男性の頭皮環境ってどんな感じ?
・結果、どのシャンプーを選ぶ?
・おすすめの商品は?

シャンプーってどんな種類があるの?

シャンプーは洗浄成分で大きく「高級アルコール系・石油系」「石けん系」「アミノ酸系」3つの種類に別れているそうです。

詳しくそれぞれの種類の特徴をまとめていきます。

シャンプー

高級アルコール系・石油系シャンプー

もっとも代表的な種類で、一般的に市販されている大多数がここに属します
ドラッグストアとかで安く売られているシャンプーは大半この属性です。僕が以前使っていたものもこれでした。

「高級」というのは「高価」という意味ではなく、「分子が大きい」という意味です。

高級アルコール系・石油系の特徴は「洗浄力が高いが、頭皮へのダメージが大きい」ことです。

売られている場所が多いので買いやすく、値段も手頃で、泡立ちがいいといった特徴があります。

ただ、洗浄力が強いぶん、頭皮へのダメージも大きくなりますので
「今まで安いシャンプーを使っていて困ったことがない方」向けと言えるかもしれません。

フケや乾燥など気になる方は、他の2種類のシャンプーに変えた方がいいと思います。

石けん系シャンプー

石けんシャンプーとは石けん素地や脂肪酸カリウムなどの成分が主成分となります。

石けんシャンプーの特徴は「洗浄力に優れ、頭皮にも優しいが、髪の毛がきしみやすい」ことです。

頭皮のケアとしては非常に優れています。
ただ、髪の毛との相性がいいとは言えないため、髪の毛のきしみの原因になります。

また、しっかりと洗い流さないと石けんカスが残ってしまい、肌荒れやフケの原因となりますので念入りなすすぎが必要になります。

上記の点から、石けんシャンプーは「髪の毛そのものよりも、頭皮環境を大切にする方」向けと言えると思います。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸系の成分を使用しているもののことをさします。

アミノ酸系シャンプーの特徴は「洗浄力が他の2種類に比べると弱いが、頭皮にも髪の毛にも優しい」ことです。
また、値段を見ると他の2種類よりも高価なことも特徴です。

頭皮に優しいシャンプーなので、スカルプケアシャンプーと呼ばれるシャンプーの多くがアミノ酸系のシャンプーです。

洗浄力が弱いと記載しましたが、髪の毛の汚れの8割から9割はお湯で洗うのみで落ちると言われていますので、問題がない洗浄力です。

上記の点から、アミノ酸系シャンプーは「頭皮・髪の毛の両方を大切にしたい方」向けのシャンプーと言えます。

今後、はげないか、薄毛にならないかと悩みのある僕にとっては、このシャンプーがよさそうだとおもいました

参考程度に:よく聞くノンシリコンシャンプーって何?

ノンシリコンシャンプーは文字通り、シリコン成分が配合されていないシャンプーのことを指します。

シリコンはコーティング剤の役割をするので、指通りがよくなり、髪が絡まないメリットがあります。

こんなメリットがあるならシリコン入りの方がいいじゃんと思います。

しかしながら注意すべき点はシリコンではなく、シャンプーで使われる強力な洗浄剤です。
洗浄力が強いシャンプー(高級アルコール系)では、シリコンが入っていてコーティングしないと髪の毛へのダメージが深刻になるため、シリコンが使われています。

つまり、ノンシリコンであるか否かよりも、上記の3種類のうちどれに該当するかが髪の毛、頭皮環境を考える上で大切になります。

男性の頭皮環境ってどんな感じ?

これまでにシャンプーの種類と特徴についてまとめました。
シャンプーを使う上で頭皮の環境がどうなっているかが重要なことになりますので、
こちらで男性の頭皮環境についてまとめていきます。

男性の頭皮の皮脂量ってどのくらい?

結論から言うと、女性の3倍皮脂量があると言われています。

皮脂量が頭皮のベタつき、乾燥、フケ、抜け毛など毛髪や頭皮トラブルの全てと密接に関わっています
皮脂量が多くても少なくてもトラブルにつながるので、バランスの取れた状態を保つ必要があるってことです。

つまり、男性である僕は頭皮のケアがとても大事ってことがわかりました。

結論どのシャンプーを選べばいいか?

ここまでシャンプーの3種類と男性の頭皮環境について紹介してきましたが、結論どのシャンプーを選べばいいのかが大切です。

結論は「アミノ酸系シャンプー」を選びました

なぜなら頭皮にやさしいからです。
多少値が張っても薄毛を防止できるなら、将来のための先行投資です。
安いものです。はげてしまってからでは遅いのです。

アミノ酸系シャンプーについては「アミノ酸系シャンプーの種類と選び方」でまとめています。

ちなみに僕が使っているのも以下の商品です。今度レビュー書こうと思います。
簡単に優れている点をまとめると「泡立ちがよく、香りがよく、泡切れがいい」。また、「ワックス等をつけていても一回で洗浄できる」。ことです。

また、公式サイトから購入だとかなり安いので、お得に高品質なシャンプーを手にいれることができます。
1480円でシャンプーとコンディショナーのセットが手に入ります

バルクオムの公式サイトはこちら → バルクオム

最近イタリアで行われた「コスモプロフ アワード2019」のHair Product部門で日本初となるグランプリに輝いたそうです。
世界からも評価されるクオリティってことですね。

■レビューを書きました!

バルクオムのシャンプーとトリートメントのレビューまとめ

【効果は?】バルクオムのシャンプー&トリートメントを1年使い続けた感想
バルクオムのシャンプーとトリートメントを半年ほど使っていますので、感想や口コミ、僕が感じた効果をまとめました。品質・性能・成分・使いやすさ・値段・安い買い方・解約方法なども体験を通してまとめています。

最後に

シャンプーは色々な種類が販売され、好みも分かれるので選ぶのが難しい商品かと思います。

本記事ではシャンプーを選び方やおすすめのシャンプーを紹介しました。
僕自身が買うたびにどの商品を買うか迷うことが多々あったので、今後のためにまとめたことを共有でき、参考になれば幸いです。

頭皮環境整えて、はげ防止、薄毛防止しましょう。薄くなりませんように。。

■関連記事

【薄毛対策】僕が実践している正しい髪の毛・頭皮の洗い方
間違った方法で髪の毛を毎日洗っていると頭皮にダメージが蓄積し、抜け毛や薄毛の原因にもなります。正しい洗い方をマスターすれば、将来のために抜け毛や薄毛の対策にもなります。そこで、今回は正しい髪の毛の洗い方、乾かし方をまとめます。
ヘアケア
スポンサーリンク
ミヤをフォローする
スポンサーリンク
ミヤログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました