GoProは旅行者必須アイテムだと思った

旅行には GoProがおすすめ 旅行

半年ほど前にGoPro GoPro HERO5 を購入しました。

購入するまでは、高級なおもちゃ感覚で購入しましたが、実施に使ってみると非常に実用性に優れ、毎回旅行に持って行くようなアイテムになりました。

まだGOPRO持っていない方、購入を検討している方の参考になればということで、僕がGOPROを使った感想をまとめました。

GOPROを使ってみて優れていると思った点

まずは、買う前に思っていたことや、買ってわかった優れている点をまとめていきます。

①広角写真がきれいに撮れる

これが優れている点だと思っています。

旅行に行った際に、風景や建物、自撮りなど、広角での撮影が活躍するシーンはかなり多いです。

僕も一眼レフに広角レンズを持って出かけていました。

しかしながら、広角レンズは大きく重いです。つまり持ち運びが大変です。
持ち運びが大変だと、本当は持って行きたいのに、重いから躊躇する感じでした。

GoProは持ち運びが楽で、広角の撮影ができます動画だけではなく、静止画が撮れます
(旅行では現場で楽しみたいので、できるだけ疲れないようにするために軽さは重要だと思います。)

そのうえ、かなり綺麗に撮影できます。
広角なので床から天井まで全部撮影できるのも魅力ですね。
↓の写真はバンコクのエメラルド寺院で天井が全部入るように撮影したものです。

タイ(バンコク)のエメラルド寺院

特に細かな設定をしなくてもきれいに撮影することが可能です。

また、普段とるときは細かな設定は不要ですが、夜景を取りたい時などはシャッター速度を調整して撮影することも可能なので、夜景でもきれいに撮影することができるのもうれしいところでした。

アクションカメラでは細かな設定はできないと思っていたので、シャッター速度まで調整して撮影できることはびっくりでした。

②軽いので持ち運びが楽

動画もきれいに取れて、静止画で広角写真も撮影できるのに、非常に軽量です。
バッテリーを入れて117gです。

リュックの中に入れて全然気になる重さではないです。
サイズも小さいのでポケットにも入りますので持ち運ぶのも簡単です。

GOPRO用のアクセサリーを持ったり、予備用のバッテリーを持っても一眼レフ用の広角レンズよりも軽かったりするので、気軽に持っていくことができます。

③動画がきれいに撮れる

思っていた以上にキレイでした。

音声も割ときれいに取れます。
手持ちで撮影しても手ぶれは対して気になるものではありませんでした。

僕が買ったHERO5では4Kサイズの撮影は30fpsでしたが、最新のものであれば60fpsで撮影が可能なので、もっときれいに撮影することが可能です。

また、手振れ防止機能もかなり進化しているので、動画メインで撮影する方は最新のGOPROを購入するほうがベターかと思います。

※fpsとは

1秒あたりの撮影枚数を表していて、数値が増えるほど動画が滑らかになります。
(パラパラ漫画で枚数が細かくなるイメージです。)

↓最新のGoPro

GoPro HERO5 Blackは特に本体を何にも入れなくても本体だけで10mの水深までの防水性能を持っています。

水中で使うにも便利だと思いますが、個人的に便利に感じたのは雨の日に使えることです。

旅行に行ったときに雨に降られることもあります。
あとで写真を見返すとその日だけ極端に写真の枚数が少ないことがあります。

雨の日もいい景色があったり、雨だからこそいい風景もあると思います。
そんな時に防水性能があると何も気にしないで写真を撮ることができるので非常に便利です。

(最近はスマホも防水のやつが増えているので気にしなくてもいいかもですね。)

また、専用のカバーを使えば水深30mとかも行けるようですので、ダイビングとかやる方には必須のアイテムといえるかもですね。

⑤自撮りで自分と風景をしっかりと入れられる

スマホでの自撮りの場合、どうしても後ろの風景が入りづらくなります。

GoProですと広角のため、背景になる風景までかなりひろく入ります。

風景がしっかり入った写真の方が思い出の記録としてもいいと思います。

また、広角ですので複数人で撮影したい時も容易に撮影ができるのもうれしいところです。

あとは、旅行の写真でよく見る、自分の後ろ姿と風景みたいな写真が撮りたい方にはGoProはかなり向いているように思います。

↓こんな感じのやつです。

 GoProの優れている点まとめ

・広角レンズであること
・軽い、小さい
・動画がきれい
・防水性能がある
・自撮りしやすい

あらゆる場面できれいに写真や動画が撮ることができ、軽いので持ち運びも簡単。

結論、非常に優れたカメラです。

GoProの欠点

ここまで優れている点をまとめて、べた褒めしてきましたが、一方でちょっと微妙(使いづらいな)と感じる点もあったのでまとめておきます。

①本体が操作しづらい

本体はタッチパネルになっていますが少し使いづらいです。

なぜなら画面が小さいからです。

間違って違う場所をおしてしまったりということが結構な頻度でおきます。

また、シャッター速度とかいろいろ設定できるのですが、どこで何が設定できるのかわかりづらいので、なれるまでは苦労するかと思います。

しかしながら、スマホで連携しておけばスマホから細かな操作は全部可能なので、スマホで操作するのがいいのかもしれません。

②バッテリーの持ちが悪い

本体も小さいのでバッテリー容量もそこまで多いものではありません。

しかし、動画撮影などはバッテリーを結構使うものになります。

ですので、すぐにバッテリーが切れます。
観光で1日使いたいとか、スポーツの時に1日使いたいってことであれば予備バッテリーは必須といっても過言ではありません。

僕自身も予備バッテリーを2つ持って使うようにしています。

専用の充電器ではバッテリーがきれいに収まって、持ち運びも簡単ですので、専用のものを買うことを強くおすすめします。

GoProを使うのに、おすすめすることがありますので、参考になればと思います。

①SDは容量が大きいものを買おう

動画にしても写真にしてもきれいに撮るには容量が必要になります。
旅行の時に容量を気にして、写真を削除したりするのは非常に面倒です。
撮りたいだけ撮れるように大きい容量のモノを買いましょう。
64ギガ以上とかあるといいと思います。(動画メインの場合は)
写真メインであれば32ギガで十分です。

あと、それだけ動画を撮影したり、写真を撮ったりすると転送にも時間がかかるので、なるべく高速でデータ転送ができるSDカードのほうがストレスなく使えるのでおすすめです。

②3wayカメラマウントを買おう

自撮りや夜景の撮影時に使えます。
美しい風景と自撮りをするなら必須といえるアイテムです。
また、星の写真を撮りたい場合も三脚として使えるので、持っておいて損はないです。

持っていくときにちょっとかさばることが難点かなって感じです。

GoPro純正品でなくても問題なく使えるので、安いやつで十分だと思います。

③レンズカバーを買おう

本体にレンズカバーはついてきません。
レンズがむき出しになるので、傷がつく恐れがあります。
長くいい状態で使うためにもカバーはつけておいたほうがいいと思います。

レンズに傷をおって、撮影したものに影が入るようになると嫌ですからね。

レンズカバーを付けたGoPro

下記で該当する項目が多い方には非常に向いている商品だと思います。

①広角の写真が撮りたい方(広角レンズは重くて扱いが大変だと思っている)
②風景もしっかり入れた状態で自撮りをしたい方
③雨の日や水辺で写真を撮りたい方
④スポーツ時に動画を撮影したい方
広角撮影がしたい、運動しているときに動画を撮影したい、ツーリングの時に動画を撮影したいって方には最適なアイテムだと思います。

旅行時にきれいに風景写真や自撮りをするのに非常に便利です。

動画を撮らない場合も持っておいて損はないと思います。

ちょっと値が張るものですが、値段以上に使えるものだと思いますので、検討してみてください。

おわり

旅行
スポンサーリンク
ミヤをフォローする
スポンサーリンク
ミヤログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました