やってみてわかった、リモートワーク(自宅作業)のメリット・デメリット

働き方

現在僕が働いている会社ではリモートワークがOKです。
特に事前の申請とか必要なしにリモートワークが可能です。

出社する必要もない状況ですが、8割以上は会社に行って業務をしている状況です。

リモートワークがOKになる前は、

リモートワークOKになったら、会社行かないで半分以上は外(自宅含む)で作業しよ

って思っていたのに現状は8割以上は出社しています。

ということで、本記事ではリモートワークについて考えたこと、メリット・デメリットなどをまとめていきます。

リモートワークのメリット

まずはリモートワークをしてみて感じたメリットからまとめていきます。
やはりメリットは多いと思います。

移動時間がなくなる

一番のメリットかつ、リモートワークを始める前に魅力だと思っていたことです。
朝準備ができたあとにすぐに仕事が始められる、仕事が終わったら家まで帰る時間が必要ない。

移動時間がなくなると自由時間が必然的に増えます

通勤は片道30分くらいのところで生活していますが、自由時間が1日あたり1時間増えると、感覚的にはかなり大きいです。
また、朝と帰りと混んでいる電車に乗らなくて良くなるので気持ち的にも非常に楽です。

移動の必要がなくなるので、朝の空いた時間を睡眠にしたり、洗濯の時間にしたり、ジムに行けたり。使い方はその時次第ですがやはり魅力です。

一人で集中して作業ができる

自分個人宛ではなく、会社宛ての電話(営業電話)などに出る必要がなくなる。また、話しかけられることがなくなるので集中して作業をするときには非常に向いています

一つのことに集中すると作業が非常に早いので、効率的に仕事を終わらせることが可能です。
仕事が溜まっているときには自宅でも外でも会社内でも一人で作業できるようにすることが重要なように感じています。

好きな場所で仕事ができる

カフェで、コワーキングスペースで、実家で、場合によっては温泉とかでも仕事をすることができます。

ずっと同じ場所で仕事をしていると飽きてくるので色々な場所で仕事ができるのは魅力だと思います。

実際にやるかどうかは別として、会社から好きな場所で働いていいよ。と認められ、自分で働く場所を選択できることが幸せなんだと感じています。

天候が悪い時、調子が悪い時に外に出る必要がない

台風の予報のとき、次の日が大雨の予報の場合など、会社に行く必要がないので安全ですし、明日会社に行く必要があるのか?と考える必要がないことが魅力です。

無駄なことを考える必要がないって非常に楽です。

また、少し体調が悪い時、咳が出るときなど、会社に行って他の人に迷惑をかけて申し訳ない気持ちになることもないので、精神的に楽です。

体調が悪くてもどうしても作業の必要があるときにはリモートワークOKは助かりますね。
ただ、本当に体調が悪くても自宅で作業するメンバーも出てきたりするので、自己管理の徹底は促す必要がありますね。

楽な服装で仕事ができる

自宅で作業ができるので服装を気にする必要がありません

個人的には家着でいると、心持ち的にリラックスムード(だらける感じ)になってしまって、仕事モードにはなれないので、会社に行くときと同じ服装(外出用の服)とかに着替えることもあります。

これは個人の好みですね。
ここも好きな場所で働けることと同じですが、自分で選べるってことが大事なんだと思います。

自宅近くのランチを開拓できる

これは自宅で働いてみるまで気づかなかったんですが、平日に自宅にいることってほとんどなかったので、自宅周りのランチって全然開拓していなく、探してみると結構お店があります

また、平日のほうがランチが安いことが多いです。
賃貸住宅であれば、今住んでいる場所にいつまで住むかもわからないので、自宅周りを今のうちに開拓できることは嬉しいです。また、数年同じオフィスで働いているとランチも代わり映えしなくなってくるので、新しいお店を開拓できるのは嬉しいですね。

メリットまとめ

リモートワークのメリットはたくさんありますが、繰り返しになりますが「自分で選べること」が非常に大きなメリットだと思います。

会社に行くか、服装、場所など自分で選んだ状態で働くことができます。

毎日決められた環境で決められた時間で会社に行くこともいいですが、自分で判断(選択)して働くってことも今までと違って楽しいし刺激があっていいなと思っている次第です。

リモートワークのデメリット

リモートワークにメリットはたくさんあるものの、デメリットも感じましたのでまとめていきます。

誘惑に負けやすい

自宅で作業をしていると近くにテレビがあったり、タブレットがあったり、本が置いてあったりなど誘惑がたくさんあります。

誘惑に負けてしまえば全く仕事ができなくなってしまいます。強い精神力を持ちましょう。

できれば仕事部屋(書斎)的な場所があればベストなんだと思いますが、なかなかそうもいかないです。
しかしながら自宅での業務がメインになる方であれば部屋を用意したほうが仕事がはかどると思います。(僕もほしいです。)

自分で環境を整備する必要がある

自宅で作業をするためには自分で環境を整える必要があります。
机、椅子、電源、ネット環境、場合によっては追加のモニターなど。

会社にいれば会社で揃えてもらえますが、自分で揃えるとなるとなかなかにお金がかかります。

あと、見落としがちですが自宅で作業をすると電気代が結構増えます

夏なら冷蔵、冬なら冷房。また、今まで自宅にいなかった時間に電気を使うこととなりますので、電気代は増えます。

何気に結構な金額になりますので注意が必要ではあります。

終わらせる時間が難しい

会社で仕事をしていると、人が帰って行ったりと仕事を終わらせる時間がなんとなく決まっています。

しかし家だと「帰る」という行為がなくなるので、仕事を終わらせるタイミングを自分で決める必要があります。

定時が決まっている場合は定時に従って終われば問題ありませんが、定時がない場合は自分で定時を決めて仕事をしないとダラダラと仕事を続けてしまいがちなので注意が必要です。

雑談から生まれる案がなくなる

仕事をしている時に近くの人と何気なく会話をしたり、アイデアが思いつかなかった時にアイデアを出してもらったりすることがあります。

そんな会話がリモートワークだと難しくなります。

チャットはしたりしますが、やはりリアルな場での会話とテキストでのやり取りは異なります。

たまには雑談も重要だなと感じました。

リモートワークのデメリットまとめ

デメリットをあげてきましたが、自分で働く環境を整えて、自身のコントロールができればデメリットであることは克服できることが多い気もしています。

しかしながら、経験上、一緒に働くメンバーに関してはたまにはリアルにあってコミュニケーションをとった方が仕事が円滑にすすむこともありますので、出社する頻度とリモートワークする頻度はバランスをとるのが重要だと思います。

リモートワークの割合とリモートワークをする上で大切だと思うこと

リモートワークをしている経験と、経験から学んだリモートワークをする上で大切だと思うことをまとめていきます。

リモートワークと出社する割合

冒頭に述べたように僕は8割くらいは出社しています。
リモートワークのメリットが多大にあるのにです。

その理由は、会社に行ったほうが集中できるから。です。

会社に行った方が集中できる理由は環境が整っているからです。
デュアルモニターだったり、机だったり、椅子、コピー機、参考図書など会社に全部揃っているので環境的に優れています。

しかし、上記が必要ないような仕事であればリモートで十分とも言えます。
リモートワークするにはリモートワークで何をするか、出社して行う仕事は何をするかと効率や生産性を考えて棲み分けするとうまくいくのかなと個人的には思っています。

家の環境を整えれば(家に仕事部屋があれば)ほぼほぼ自宅作業で集中して作業できるのかなとも思っているので、次に引越しをする際には仕事部屋がほしいと思っている次第です。

リモートワークする上で大切なこと

最後にリモートワークをする上で大切だと感じていることをまとめおこうと思います。

集中する時間・休憩をうまく活用

これは会社にいても自宅でもカフェとかでも同じですが、集中する時間と休むと時間を区切って仕事することが重要だと思います。

集中しているときは仕事の効率が圧倒的に上がっているように感じます。
一方でダラダラ仕事をしているときはあまり効率が良くないです。
しかしながら、集中力ってそんなに持続するものではありません。

ですので45分頑張って10分休憩するとか自分で時間を区切って仕事するのが重要だと。メリハリをつけて仕事することが重要ですね。

自宅の場合は休憩に入ったあとに、無理やりやる気スイッチを押さないと怠ける方向にしか行かなくなるので、休憩をとるときはアラームを使うなどしてしっかり切り替える必要がありますね。

アラームもスマホを使っているとSNSのを見てしまったり、別のこともあわせてしてしまいがちなので専用のタイマーを買うことをおすすめします。

僕はイケアのキッチンタイマーを使っています。

おしゃれで温度計もついていたりするので結構お気に入りです。

環境を整える

僕自身のリモートワークの割合のとこで記載しましたが、会社は設備が整っている一方で自宅は専用の設備はない場合が多いと思います。

設備を全部揃えるのは難しくても、多少はお金を使った方がいいと思っています。
疲れる椅子に座っていると腰を壊してしまいますし、肩こりも増える可能性があります。
椅子を新調するのが大変であればクッションを買うなど工夫が必要でしょう。

あと、ポケットwifiを契約、自宅用の回線を入れているなら問題ありませんが、スマホの契約だけだとすぐに通信量オーバーになってしまってかなり出費がかさむと思います。
(仕事でのやり取りは重いファイルのやり取りもあるので)

契約していない場合はこれを機に検討したほうがいいと思います。

リモートワークについてまとめ

リモートワークができるようになって、自分で選択して行動できるようになったことが非常に良かったように感じています。

実際便利なものですので、社会全体として広がっていけばいいな。と思って、今回メリットとかデメリットをまとめてみました。

一個人の意見でしかありませんが、導入検討している会社の人とかの参考になれば嬉しいです。

おわり

働き方
スポンサーリンク
ミヤをフォローする
スポンサーリンク
ミヤログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました