リモートワークをする中で東京に住む必要があるのか考えた | ミヤログ
楽天買い回りでポイント最大43.5倍!おすすめ品はこちら▶

リモートワークをする中で東京に住む必要があるのか考えた

リモートワーク 東京本当にただの雑記

新型コロナウイルスの影響によって、務めている会社では全面的にリモートワークを実施するようになりました。

2020年3月くらいからリモートワークが始まり約1年間自宅での仕事を続けています。オフィスを解約したわけではないのでオフィスに出社することもできる状況で、現在は自由に働く場所を選べるという体制です。

リモートワークが始まる前から現在も東京都の23区に住んでいますが、住む場所を選んだ条件は以下です。

・自宅から30分以内でオフィスに通える
・乗り換えはしたくない

上記2つの条件で賃貸物件を探し、生活をしてきたわけですが、リモートワーク前の満足度は非常に高かったです。

しかしながらリモートワークを1年続けて思うことは「高い家賃を払って東京に居続ける必要があるのか?」ということ。

自分がこれからどうするか、どうしたいか考えるため

・東京に住んでいるメリットとデメリット
・今後の住む場所選び

に関して考えを整理しまとめました。まだ特に答えはでていないので自分の考えの生理的な内容になっています。

スポンサーリンク

東京に住み続けるメリット・デメリット

東京に住んでいて、東京は非常にいいところもありつつ、これは微妙と思うところもあるので、それぞれについてまとめました。

東京に住む魅力・メリット

まずは東京の魅力、住んでいて感じるメリットについてです。

公共交通機関での移動が楽

東京は電車網がとても優れていると思います。

JR、私鉄、地下鉄を乗り継げば大概行きたい場所には行けるように感じていますし、時刻表を見る必要がないくらいにたくさん電車が走っています。

地方から上京してきたときに時刻表を見る必要がないなんてなんてすごいんだと思ったことを今でも覚えています。

さらに電車だけでなくバスも数多く走っています。

車を持たなくても不自由なく生活できるのは大きなメリットだと感じています。

大きな街が多い

地方の県庁所在地以上の規模の街が東京にはたくさんあります。

たとえば、新宿、池袋、渋谷。都心から離れても立川なども大きな街です。

それぞれの街となる場所までのアクセスがよく、多くの方は住んでいる場所の最寄りの駅でもそれなりに買い物ができる。歩いて買い物に行ける範囲でそれなりに楽しめる場合が多いと思います。

歩いて買い物に行ける範囲で必要なものが全部手に入る。個人的には大きな魅力です。

通販も便利ですが、本屋や無印とかは行って楽しい店舗なので、長時間移動せずにふらっと行ける距離にあるのは生活のクオリティに直結するかなと。

色々なものがそろっている

ライブハウス、コンサートホール、美術館、博物館、大型の本屋。その他、色々な趣味に関する専門店など。

東京はいろいろなものがそろっています。

自然系の楽しみは少ないかもしれませんが物質的には最も充実した街が東京なんじゃないかと思っています。

普段の買い物は別に高くない

東京は物価が高いイメージもありましたが、高級住宅街などに住まない限りはスーパーは普通の値段です。むしろ安いと感じる店も多いです。

また、商店街が残っていたりするので、肉屋、魚屋、八百屋などがあるものうれしいです。

飲食店の種類も豊富

何か食べたいと思って店を探せば大概の店はそろっていると思っています。

食が楽しめるのも生活する上での大きな魅力です。

東京に住むデメリット

続いて東京に感じるデメリットです。

家賃が高い

正直これ以外は特に気になるものがないくらいです。

家賃が高い。

都心のオフィスに30分で通える範囲に住もうと思い

・バストイレ別
・フローリング
・エアコンあり
・キッチンと居室が別れている(1K以上)

で探したら8万くらいが普通でした。高い。
そして居室は7畳でした。

会社に通う生活をしている時には特に何も感じませんでしたが、在宅勤務を始めると机とイスを置いて部屋が狭くなり、寝る場所と仕事場が分けられないなど何かと不便になりました。

結果思うことは広い場所に住みたい。でも東京だとキッチン以外で2部屋持とうと思ったら家賃が恐ろしく上がる。給料据え置きのままだと正直厳しいのが現実です。

結果考え始めたのが冒頭に記載した「高い家賃を払って東京に居続ける必要があるのか?」ということ。

実際東京自体はすごく住みやすい街なので次に選ぶ街もそれなりに条件が付いてきます。

今後どんな場所に住みたいか。僕が考える住みやすい場所の条件

東京23区ではない場所に移住しようと思っても、田舎暮らしへのあこがれはないので、どちらかと言えば便利な街に住みたい。

ということで僕が考えた条件が以下です。

・歩いて行ける場所に大型の本屋がある
・歩いてスーパーやドラッグストアにいける
・仕事部屋と寝室を分けたいから2K以上の間取り
・家賃は今と同じ程度まで

歩いて行ける範囲でだいたい生活が完結する。そして家が今よりも広くなる。

これに加えて欲を出すなら、東京へ出張になったときに大変じゃない。(新幹線の主要駅か空港へのアクセスがいい)

近くに駐車場が安く借りられる。(車を持った生活もしてみたい)

となったら仕事もしやすい環境が手に入るし、寝室の環境も整えやすい。休みの日も車を持っていれば色々行けそう。と僕が考える中では割と最上級です。

上記の条件で住む場所を探す。これを今年中にやろうと思ってます。

東京は住みやすい。ただ家賃が高いそれだけがネック

東京には10年近く住んでいますが、振り返ってみてもやはり住みやすいです。

しかし家賃が高い。

オフィスに通わなくなった今、少し不便になっても東京以外に住んだほうが趣味にお金が使えたり、貯蓄もできたりするんじゃないかと思うようになりました。

東京の家賃安くなれば東京で広い家に引っ越しますが、そんなことはなさそうなので自分の条件に合う場所を早く見つけられればなと思っています。

もう少し感染症が落ち着いて移動がしやすくなったら、色々な街に行ってみて確かめてみたいです。

本当にただの雑記
スポンサーリンク
ミヤをフォローする
ミヤログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました