家事は完璧を求めないと楽になる。8割でいい。

家事は完璧を求めないと楽になる 家事・生活全般

日常的に家事をしていますが、どの家事にしても完璧を求めると時間も労力も精神的負担も増す気がします。
たまにやる大掃除とか、凝った料理なら完璧なものを目指してもいいですが、日常からそれを目指すのは苦しい部分があります。

「家事は完璧にやらなければならない」という思い込みが世の中の人を苦しめている気もします。

例えば
・部屋の隅々までホコリひとつなく掃除をしなければならない
・シワがないように畳んでしまうまでが洗濯だ
・食器を水滴にひとつなくふき取って、食器棚に片づけるまでが洗い物だ

とか、完璧を求めると、ひとつひとつの家事の負担が大きくなります
負担が大きくなればなるほど、やる気もなくなりますし、誰がやるのか、という押しつけ合いにも発展してしまう場合もあると思います。

それぞれの家事について、どうすれば楽に、ストレス少なくできるか考えてみました。

掃除の考え方

×毎日、部屋の隅々までホコリひとつなく掃除をする

○平日は7~8割クオリティ、休日か2週間に1回くらい隅々まで掃除をする

ベッドの下や床と家具の間の細かい箇所にホコリが残っていても、そこまで気になる人は少ないのではないでしょうか?

あまり気にならないのであれば、気にしないようにすればいいのです。
そして、自分や家族が過ごすメインとなる場所だけ掃除をするようにすればいいのです。
隅っこを日常的に細かく掃除することがなくなると、かなり時短にも繋がります。
また、メイン箇所を掃除していれば気持ちよく過ごせるとも思います。

掃除の仕方

■平日
・誰もいない時間にロボット掃除機をかけておく
 (2万円くらいで購入できるので是非購入しましょう。)
・気になる箇所があれば、普通の掃除機かクイックルワイパーで簡単に掃除する(完璧は求めない)

■休日or2週間に1回くらい
・30分~1時間くらいかけて隅々まで普通の掃除機かクイックルワイパーで掃除をする

上記くらいで十分だと思います。平日がロボット掃除機だけだと気になるという方は、空気清浄機を常にかけておくとホコリも吸い取ってくれるので、合わせて検討するといいと思います。

掃除を簡単にするポイント

・モノを増やさない
・自動掃除機が動けるように床にモノを置かない

モノが増えるとほこりが溜まる箇所も増えます。また、掃除のときにモノを動かしたりと手間も増えます。
本当に必要な物、自分が好きな物だけに囲まれて生活をした方が幸せですし、ストレスも減ります。
掃除を楽にするために、一度大掃除をしてみてはいかがですか?

■掃除の参考記事
自動掃除機のレビュー

洗濯の考え方

まとめて洗濯をするのではなく、こまめに洗濯をする

忙しいと週末にまとめて洗濯をすることもあるかと思います。
まとめて洗濯をするから、干す手間、取り込む手間、畳む手間が一気にのしかかってきます
大きな負担を一度かけるよりも、負担を分散して洗濯を行うことの方がはるかに楽です。(これはやってみると分かります)

洗濯の仕方

・1日分または2日分の量で洗濯をする
1回あたりの洗濯にかかる時間を短く、負担を少なくすることがポイントです。

・すすぎ1回の洗剤を使う
すすぎが1回になると、時短かつ節約になります。

・できれば、洗濯乾燥機か衣類乾燥機を導入する
洗濯を干す必要がなくなります。洗濯乾燥機ならばボタン1つで全てが完了します。
(乾燥の仕上がりや、最初の導入コストを優先するなら縦型洗濯機+衣類乾燥機がおすすめです)

洗濯を簡単にするポイント

・洗濯の工程の中で自分が嫌い、ストレスだと感じるポイントを考える
・ハンガーにかけられる服はハンガーにかけて収納する(畳まない)
・あまり服を増やさない
・時短出来るポイントを考える

洗濯は工程が洗濯前の準備(袋に入れたり)、洗濯、干す、取り込み、畳むと細かく分けられるので、どの部分が自分のストレスになっているのかを考えて、ストレスになっているものを楽にすることがポイントです。
全ての工程を完璧にやろうとするから大変なんです。畳むのが嫌いならばハンガーにかけたままにする、畳まなくてもシワになりにくい服を選ぶなど、洗濯を簡単にする方法は色々とあります
ご自身の考え方にあったやり方を探してみてください。

僕自身は、干す&取り込むの工程が嫌いだったので、衣類乾燥機を導入しました。
洗濯乾燥機も使ったことがありますが、メリットデメリットを考えた結果、縦型洗濯機+衣類乾燥機の仕様にしました。

詳しくは→【ストレスフリー】衣類乾燥機を導入しよう!

食器洗いを簡単にするポイント

・まとめてやらない(使ったものはすぐに洗う)
・自然乾燥でも気にならないなら、拭くという行為をやめる
・食器洗い乾燥機を導入する

洗濯と同様に、洗わなければいけないものを溜めれば溜めるほど洗うのが億劫になりますので、こまめに洗うことがポイントです。
また、食器をお湯で洗えば、自然乾燥でもほとんど乾きますので、すぐに片付けたい方でない限り、拭くという行為をやめればかなりの時短です。

まとめ

今回は「掃除」「洗濯」「食器洗い」について、簡単にするポイントや考え方をまとめてきました。

正直な所、人間がやらないで、できる限り機械にやってもらうのが一番の時短かつストレスフリーなのかと思います。

どの家電も1度買ってしまえば長持ちするものですし、実際に家事に浪費する時間を時給換算すれば1年で元を取れてしまうものが大半かと思いますので、「時間がない」「時間が欲しい」と思っている方は、迷っていないで購入を検討が吉かと思います。是非検討してみてください。

機械だと細かいところが出来ないと思うかもしれませんが、8割程度なら完璧にやってくれます。
完璧(10割)を目指して、自分がストレスを抱えつつ、時間も失うより
機械に8割をやってもらって、自分がストレスなく、自由な時間が増えるほうが幸せじゃないですか?

一度家事について見直してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました