私の状況って転職したほうがいいの?

転職 タイミング 働き方

「ブラック企業なら早く転職したほうがいい」とか「私って年収低すぎ!?」みたいなのをよく見ます。

しかしながら、自分がいる会社ってブラックかどうかってわかりづらいし、年収も人と比べることなってあまりないので低いか高いかもよくわからないこともあると思います。

なので、今回はブラック企業とか年収ではなくて、自分がこんな状況なら転職を考えるべきという状況をまとめてみました。

転職を考える方であったり、新入社員の方が会社に入る前に読んでいただけると、無駄な時間を過ごすことなく、早い判断をできるようになると思いますので、ぜひ読んでみてください。

①休日に寝る時間を増やさないと回復できない

休日に寝る時間を増やさないと回復できないようであれば、働き過ぎか精神的疲労が多すぎる可能性があります。

入社して最初の方や部署移動後はいろいろ疲弊があるかも知れませんが、何年も同じ場所にいるのに疲れすぎているようであれば、働き方を変えたほうがいいです。

休日は会社のために回復する「休養日」ではなくて、「遊ぶ日」にしたくないですか?

②会社で理不尽が多発する

理不尽が多発するとストレスにしかなりません
たまにある理不尽であれば許すこともできると思いますが、だんだんできなくなってしまいます。ストレスがたまると正常な状況判断ができなくなってしまうので注意が必要です。理不尽が続くようであればすぐにご判断を!

③生活できる給与がもらえない

本来給与は、仕事で疲弊した分を回復できる分だけの費用が支払われているはずです。もし贅沢をしないで、食費や家賃等の生活するうえで必要な費用が支払えないならば、すぐにでもやめたほうがいいです。もっと給与がもらえる会社があるはずです。

いくらやりがいのある会社でも必要なお金がもらえなく、生きていけなくなったら意味がありません。

④楽しさが微塵もない

正社員であれば8時間は会社で働く人が多いかと思います。
自分が本気で働いているいるにも関わらず、8時間の中で少しでも楽しみがないという場合は辞めたほうがいいです。時間がもったいないです。
自分を必要としてくれて楽しく働ける場所、自分が楽しいと思う仕事を探してみてください。

⑤誰にも感謝されない

誰からも感謝されないような環境であれば辞めたほうがいいと思います。
仕事をするうえで、誰にも感謝されないようなことをしても意味がないと思います。
誰かに「ありがとう」と言われて、社会に少しでも貢献できる仕事をしたいですね。

まとめ

ここま5つの状況をまとめてみました。

理想はストレスなく働いて、最低限でなく遊べる分まで給与がもらえて、休日も元気に遊べることですね。

今すぐに全部を手に入れることは難しいかもしれませんが、一つずつ手に入れていくように努力することや、気の持ち方を変えることはできると思います。自分の努力や気の持ち方でどうしようもなさそうであれば、誰かに相談してみたり、転職を考えましょう。独立もありだと思います。

1日1日が楽しく過ごせるようにできればと思います。

働き方
スポンサーリンク
ミヤをフォローする
スポンサーリンク
ミヤログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました