人生に影響があったアニメ・マンガ作品を紹介していく | ミヤログ
楽天買い回りでポイント最大43.5倍!おすすめ品はこちら▶

人生に影響があったアニメ・マンガ作品を紹介していく

人生に影響したアニメ・漫画本当にただの雑記

アニメやマンガが好きでこれまでに色々な作品に触れてきました。

そんな中で、この作品は自分に人生に影響があったな、考え方や価値観にいい影響があったなという作品をあったなと思っています。

せっかくいい作品なので、もっと広まれば嬉しいなとも思うので紹介していきます。

スポンサーリンク

価値観に大きく影響があったアニメ・マンガ作品

まずは価値観に大きな影響があった作品から

時をかける少女(アニメーション)

一部ネタバレになってしまいますが、主要の登場人物のうち1人が未来からどうしても見たい絵画をみたくて過去に戻ってきています。

この時代以降は消失してしまって見れなくなってしまったと。

ちょうど僕が時をかける少女を見る前に、イスラム国で遺跡の破壊がありました。見てみたいと思っていた遺跡の1つが突然破壊されてしまい衝撃をうけました。

この遺跡がなくなってしまったこと、時をかける少女をみたことから、今あるものもいつ壊れてしまうかわからないと考えるようになりました。

そこから「やりたいと思ったことはできる限りすぐにやる」「行きたいと思ったらいく」と考えるようになりました。

この考え方をはじめてから自分の行動が早くなった気がしますし、色々なことに積極的に参加できるようになりました。

鋼の錬金術師

アニメもマンガもどちらともおすすめの作品です。

僕の価値観というか考え方に一番影響があったのが

「錬金術の基本は理解、分解、再構築」という考え方です。

錬金術はできませんが、仕事の考え方や新しい物事を始めるときの考え方としてしっくりきています。

まずは理解する、次に色々な要素に分けてみたり、バラならにしてみたりする。そして自分のものにするために再構築をする。守破離の考え方に近いかもしれません。

どんなことでも、まずは受け入れて理解するとしていると学びの速度が早いのかなーと思ったりしています。

宇宙兄弟

ビジネスマンの心を熱くするマンガだと思っています。

主人公や登場人物の熱い姿勢やセリフに感銘を受けます。

個人的に一番覚えているセリフは「本気でやった失敗には価値がある」です。

本気でやれば失敗してもなにか対策や次にやることが見えるから価値がある。適当にやるならほぼ意味がない。仕事をするにも勉強とかをするにも大事な考え方だと思っています。

自分がなにかをやるときには「本気でやる」、本気でできないなら最初からやらないと考えるようになりました。

行動に影響を与えたアニメ・マンガ作品

先程は価値観など根幹の部分に影響を与えた作品でしたが、こちらではわかりやすく行動にすぐにいい影響があった作品を紹介していきます。

ARIA

作品として非常に温かく、読んでいて気持ちがいい作品なので、ぜひ多くの方に読んでもらいたい作品の一つです。

ARIAの中で僕の行動に影響があったのが、先輩社員であるアリシアさんの後輩指導・育成に対する姿勢です。

アリシアさんは後輩指導の際に決して怒りません。それはなぜなのか?その理由は

失敗のたびに怒っていると相手が萎縮してしまい行動ができなくなってしまうから。

物語の中ではスイカ割りにたとえて、「そっちじゃない」というのではなく「こっち、こっち」と声を掛けたいと言っていました。

そして一緒に失敗して、一緒に成長していきたいと。

後輩指導の際に後輩がずっとできないと怒ってしまいがちです。しかしながら自分自身も完璧ではないこと理解して、一緒に失敗して一緒に成長すればいいと考えられるようになりました。

結果、怒らない方が成長スピードも早いし、人間関係も良好です。

アリシアさんの考え方以外にも、非常に心温まる考え方が登場するのでぜひ読んでみてください。アニメもおすすめです。

プラネテス

マンガが4冊で完結する名作です。アニメも内容が違い面白い作品となっているので、どちらとも触れてみてほしい作品です。

物語の序盤であった以下のセリフがずっと頭に残っています。

どうしてなんでしょう。ここからは国境線なんて見えないのに。ただ、地球があるだけなのに…

宇宙からみたら国境線なんてないのに、その国境線で国同士が争っているという現状を嘆いていたセリフでした。

国同士の戦いもそうですが、人同士でも同じことが言えるのではないかと考えました。

人と人との間には特に線引はないのに、なんとなくあの人は違うと線を引いてしまったりする。結果として争ういが生まれたりと。

近くにいるとわからなくなってしまうので、できる限り遠くから、常に俯瞰して自分を見れるようになりたいと思ったきっかけでした。

特に争いのときほど熱くならずに冷静に今の状況を考えるように努力しています。

亡念のザムド

アニメのネット配信限定で公開された作品です。エウレカセブンが好きな方にはぜひ見てもらいたい作品の1つです。

亡念のザムドの中で最も印象に残って、行動に活かせているセリフがこちら

言葉はいつも心に足りない

自分が放つ言葉って、心に思っていることすべてが反映できているわけではない。
だから、できる限り言葉を放つときには注意が必要だし、できる限り心を反映するようにするように努力が必要だ。と捉えています。

自分はこう思って言ったけど、相手には全然別の意味で伝わってしまった。あるあるな現象です。大概争いの原因にもなります。

伝え方が9割という本もありましたが、伝え方を意識した上で更に大事なのが伝わり方だと思っています。相手にどう伝わるのか、どのように伝えたら相手に伝わりやすいのかと、常に意識するようになったきっかけでした。

人生に影響があったアニメ・マンガ作品

振り返ってみると結構多くの作品に影響を受けているなと思います。

今回紹介した中には入っていませんが、読んでいると確かに、これは勉強になる、こういう考え方をしたほうがいいな。と物語の中から学べることもたくさんあるように感じています。

物語にふれることで自分の考え方が柔軟になったり、新たな発見も多いのでこれからも色々な作品に触れていきたいです。

もしよかったら、コメントであなたの人生に影響があった作品を教えてくれたら嬉しいです!

感動した作品はこちら

【涙腺崩壊】NETFLIXで泣けたアニメ3選
NETFLIXで見たアニメの中で「泣けた」ものに絞って紹介しています。
本当にただの雑記
スポンサーリンク
ミヤをフォローする
ミヤログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました