Kindle Unlimitedの便利なところは躊躇なく本を読むのを辞められること

Kindle Unlimitedは 躊躇なく本を読むのを 辞められるのが便利 本当にただの雑記

Kindle Unlimitedを契約して2ヶ月が経過しようとしています。

Kindle Unlimitedって1ヶ月980円で読みたい本がたくさんあるし、お得!って思っていました。

しかし、最近「途中で本を読み辞めることを躊躇しなくてもいい」ってことが一番のメリットのように感じ始めました。

本を読んでいると

  • この本つまらないな
  • この本は前に読んだ本と内容が被っているな
  • 全然中身がはいってこない失敗した

みたいなことってありませんか?
僕はよくあります。

タイトルや帯だけ見て買った本や、とりあえず話題になっているから買った本、よくわからないけど古本屋で出会って買ってしまった本など。

古本で安く買った本ならあきらめもつきますが、新品で買った本の場合「せっかく買ったんだから最後まで読もう」「全然面白くないけどとりあえず読もう」と思って面白くもなく、全然身につかない内容の本でも最後まで読んだ経験が多々あります。

しかしそんな本ですが、今思い出すと内容なんて全然覚えていません。

つまり、時間の無駄だったと言っても過言ではありません。
「時間がない!時間がない!」って言っているのに時間を無駄にしていたんです。なんてことでしょうか。
(どこかで役に立っていた可能性もあります。役に立つレベルが低いって感じです。)

ということで本記事ではKindle Unlimited を使って気が付いたことをまとめます。
Kindle Unlimited だけでなく本の定額サービスには同じことが言えるかと思います。)

Kindle Unlimitedについて詳しくみたい方はこちら → Kindle Unlimited公式サイト

まずはじめに 現在の書籍販売について

まず最初にKindle Unlimitedについて書く前に、現在書籍ってどんな感じで販売されているのか?ってことに関して僕自身が感じていることをまとめます。

本は読み切れないほどに販売されている

書店で見ても、Amazonで検索しても、定額サービス内で読める本だけに絞り込んでも読めないくらいの量の本が販売されていります。

その中から自分に合った内容、好きな内容の本に出会えることは運命の人と出会うくらいに難しいことなんじゃないかと思っています。

自ら積極的に出会いを求めていかなければいい本には出会いづらいってことです。

書籍は沢山あるが同じような内容の本も多い

本をたくさん読んでいると思いますが、同じような内容の本って結構出版されています

特にビジネス本などは多い気がします。

どれを読んでも言っていることは同じってやつです。同じ著者の本で、前の本とほぼ同じ内容みたいな本も結構あったりします。

目次を見たり、中身を少し読んでから買えばいいですが、自分が好きな著者だと新刊が出ると買ってしまいますし、勢いで購入してしまう時もあります。

小説やエッセイは被ることはほぼないので安心ですが、ビジネス書や○○学的な本は注意しないともったいない時間を過ごす&お金を無駄にしちゃいます。

買う時に注意が必要ってことです。
ただ試してみないとわからないってことがあるのが難しいところです。

電子書籍が普及してゴミみたいな本も増えた

Kindle Unlimited で色々な本を読んでいて分かりましたが、書店に置かれているような本はクオリティが高い(ある程度以上)のモノが大半です。

電子書籍だと自費出版が用意ですので、編集者もつかないまま出版されている本も多数あります。
そういった本はクオリティが低いものが多いです。
ただタイトルは魅力的に感じるようなものがあるので買ってしまいます。

ゴミは言い過ぎかもしれませんが、完全に素人が書いたようなものも出版されているので、書籍選びはある程度慎重にやった方がよさそうです。

やっぱり編集さんがついているって非常に重要なことなんだなと感じることができました。

Kindle Unlimitedは途中でも本を読むのをためらわなくていい

ここまでで書いたように、書籍はとても多くの種類が出版されており、電子書籍が浸透したこともあり、以前よりも玉石混交になっていることがわかります。

玉に出会えればいいのですが、玉に出会うまでには数多くの石に出会うことになることもあるかと。
石は石でも役に立つ石ならいいのですが、全く役に立たない石も存在しています。

全く役に立たない石に出会ってしまった時に僕が必要だと思うことが、
すぐに捨てる」ことです。

役に立たないと自分で思った瞬間に、本当は役に立つかどうかは別として本の中身が自分の中に入ってこなくなってしまいます。

しかしながら自分で買った書籍。
なかなか捨てられない、もったいないので最後まで読んでしまいがちです。
ただ、そんな本を読むための時間って無駄な気もします。

そこでおすすめなのが、定額読み放題サービスであるKindle Unlimitedです。
1冊の本に対してお金を支払っているのではなく、1ヶ月で980円という金額を支払う形式ですので、外れ本にあたった時はすぐに返却してしまえばいいのです。

  • この本は全然頭に入ってこないな
  • 前に読んだ内容と酷似している
  • この筆者が言っていることは腑に落ちない

など、自分に合わない、今の自分には必要ないと思ったら読むの辞めちゃえばいいんですよね。定額サービスの場合だと、その本に対して直接お金を払っているのではなく1ヵ月の契約に対してお金を支払っているので、1冊の本に対しての執着心が湧きません。
だから簡単に返却(読むのをやめることができます。)

1冊の本に対してお金を払っていると中々できない読み方が定額読み放題サービスでできるようになったのではないかと思います。

躊躇なく本を途中で辞めると、いい本に出会える頻度があがる

今まで嫌な本でも最後まで読んでいた時間を削減し、新しい本を読む時間が増えるので、必然的に新しい本との接触回数が増えます

結果としていい本と出会う頻度があがります。

1回でいい本に出会えることは確率としては低いので、新しい本に出会うための時間を確保することに時間をさけるようになるという点についてKindle Unlimitedは非常に優れたコンテンツだと感じています。

はずれ本にあたりたくないので、今までは書籍のランキングや雑誌での紹介、ブログでの紹介から得た情報から書籍を選び読むことも多々ありましたが、やはり自分で探していい本に出会えた時の喜びは格別です。

書店に行って新しい出会いを探し適当に買うのも楽しいですが、お金が。。って問題もあります。
Kindle Unlimitedなら980円の定額の中で、新しい出会いを探すことができます

1冊の読みたい本のために定額サービスを契約するのはもちろんお得ですが、

新しい出会いを創出するために定額サービスに登録するのはもっとありだなと感じている次第です。

まとめ

Kindle Unlimitedの一番の利点は安くたくさんの本が読めることだと思っていましたが、それよりもたくさんの本に定額料金内で出会えること。
結果として自分がときめく本、自分が欲していた内容が書かれている本、自分が読みたかった本に出会えることが最大のメリットだと感じるようになりました。

1冊ずつ本を買っていると躊躇なく本を途中でやめるのは難しいです。
しかし、つまらない本でも最後まで読んでいる時間よりも新しい本を探して、いい本に出会うための時間の方が楽しいです。

人のおすすめの本ではなくて、自分でおすすめできる本を探すっていうのも楽しいです。

本屋で本を買ってだと懐事情的になかなか難しいですが、Kindle Unlimitedなら1ヵ月980円でできてしまいますので、試してみてはいかがでしょうか?

新しい本に出会う前に、読みたい本が1冊でもあれば定額サービス登録したほうがお得でもあるので、読みたい本を読み終わったら、新しい本に出会うための旅に出るのがいいかもですね!

最初の1ヵ月は無料で試すこともできるので、まずは読みたい本が定額サービスにあるか確認してみるのが吉ですよ!

おわり

Kindle Unlimitedの無料体験はこちら → Kindle Unlimitedを無料体験する

■そのほかKindle Unlimitedに関連する記事

【kindle Unlimited】どんな本が読めるのかを契約して確かめてみた
kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を契約して1ヵ月たちました。実際に使ってみて本当に得なのか?どんな本が読めるのか?おすすめの本はあったのか?についてまとめました。検討している方、面白い本を探している方の参考になればと思います。
師匠って誰?『ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム』を読んだ感想
高崎圭悟さんの『ハイスコア 人生は最大限を目指すゲーム』を読んだ感想です。kindle Unlimitedで無料で読めますので気軽に読めるのがいいですね。調べてみたら「ネットワーク」とかの単語もでてきたのであわせて調べてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました