長所が考えられないあなたに。長所を簡単に書く方法を紹介します

働き方

就活や転職活動などで自身の経歴と合わせて聞かれるのが「自身の長所」です。

そして、入試、就活、転職活動など面接が実施される場面で一番困っていたのが「長所」でした。

「○○はできるけど、それは長所と言えるのか」
「人より優れているところ?そんなものあるのか?」とか思っていました。

そんな中、学生の時とかは周りの人は長所とか普通にペラペラと回答しているし、みんなスゲーなと思いつつ、自分の長所は無理やり考えたものを使ってその場をしのいでおりました。

そして迎えた転職活動。またしても考えなければならない「長所」

長所を考えて困っていた時に、これは使えるってものに出会いました

君の名前は。。

グッドポイント診断です。

なんかいい感じの名前ですよね。

リクナビNEXTという転職者向けのサイトに登録し、グッドポイント診断をすると自分の特性(優れているであろう点)を5つ上げてくれます。
これが、なんかかなりしっくりくると言うか合致している感じがするのです。
で、そこに書かれている文面をちょっといじって長所にしちゃえば自分の長所完成。
簡単であります。

就活をやる前の自分に教えてあげたいって感じです。

ということで、就活始める方、学生の方、転職予定している方、自分の優れているとこが何なのか興味がある方向けに、グッドポイント診断をご紹介致します。

グッドポイント診断とは?

リクルートキャリアが独自に開発した自己分析ツールで、20分~30分くらいの時間をかけて出題されるアンケートに回答していくことで、自分の強みがわかってしまうものです。

アンケートの回答結果から自身が持っている強みが18種類の項目の中から5つ選ばれます。
ちなみに18種類の項目は以下になります。
グッドポイント診断

どんな感じで診断結果がでるのか?

18種類の中から自分の強みが5つ表示されると先ほどお伝えしましたが、実際にどんな感じで表示されるの?と思うと思いますので、僕の診断結果を以下に載せて、それぞれの項目についてみていきます。

下記からわかるように僕の強みは
「柔軟性」「決断力」「冷静沈着」「独創性」「親密性」の5つになります。

太字にした箇所が、確かに僕の特徴にあてはまる!これこれ!と思った箇所です。

5個どれもこれこれ!と思う箇所があったので、みなさんもアンケート回答してみたら当たる可能性が高いじゃないかと思います!(かなり高い精度なんじゃないかと。)

柔軟性

あなたは、好奇心旺盛で興味の範囲が広く、ものごとを柔軟にとらえることができます。また、突発的なできごとに対して臨機応変に対応することも得意です。何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくため、あなたの取り組みはどんどん進化していきます。あなたにとって、ひとつのやり方しか考えないことは悪なのです。
結果を出し続けていることが知れ渡るにつれて、周囲の人は改善したいことがある場合、あなたの視点やアイディアを求めるようになります。

決断力

あなたは、非常に思い切りよく決断を下すことができます。長時間考え込んでも良い結論にはつながらないと考えており、そのときに自身が最適だと考える明確な結論をスピーディに導き出すことを心がけています。周囲の人から、「よく考えたうえでの結論なのか」と確認されることもあるでしょう。それは、あなたが周りと比べて短時間で大胆な決断を下していることを示しています。
決断力を周囲に認められたとしても、あなたが現状に満足して止まってしまうことはありません。知識の吸収やデータの活用などを積極的に行い、決断力をパワーアップさせることでしょう。

冷静沈着

あなたはいつも気持ちが安定しています。周りが盛り上がっているときにひとり冷静であることを楽しむ、そんな余裕もあるでしょう。
自分の感情を一定の状態に保つことができる人は多くないため、集団の中であなたの落ち着いた態度は際立ちます。周りの人は、あなたと過ごす時間が長くなるほど、常にものごとを冷静にとらえることができるあなたの発言や判断を信頼するようになっていきます。中には、あなたのそばにいると自分も穏やかでいられると感じる人もいるでしょう。

独創性

「人と同じではつまらない」あなたはいつもそう考えています。あなたはオリジナリティにこだわりをもち、仕事でもプライベートでも自身が納得できるかを重視します。あなたは、常識にとらわれず広い分野から情報を収集し、興味がある題材が見つかると自分だったらどうするか必ず考えるなど、自身の独創性をより高める努力をし続けます。
周囲の人はあなたのユニークな発想に魅力を感じ、次にあなたが創り出すものを楽しみに待っています。

親密性

あなたは、常に謙虚な気持ちを持って人と接しています。内面についても話せる深い信頼関係を築くことを望んでおり、交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません
相手との距離感が重要と考えるあなたは、知り合って間がない相手に対してまずは適度な距離を置いて接し、互いにとって心地よい距離を探りながら丁寧に信頼関係を構築していきます。「控え目・礼儀正しい」など、評価されることも多いでしょう。
多くの人が集まる場ではおとなしく見られることが多いあなたですが、深い信頼関係を構築できた相手とは互いの思いや内に秘めたパワーをしっかりと理解しあえているはずです。

太字抜粋

上記、全部読んでいないと思うので抜粋です。

・何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していく・そのときに自身が最適だと考える明確な結論をスピーディに導き出す

・周りが盛り上がっているときにひとり冷静であることを楽しむ

・「人と同じではつまらない」

・交際範囲を大きく広げることにはあまり興味がありません

上記の5つは確かになーって感じでした。自分では普通と思ってやっていることも、文章として(診断結果として)出てくると背中を押してくれる感があって、自分の長所だ!って言いやすくなる気がしました。

診断結果をどう活かすか?

ただ、診断結果をそのまま語っても「で??」ってなると思います。
だから、語る上で大事なのはストーリーなのかと。

例えば

上記の僕の長所を使うとしたら、
何に対しても「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、様々なアレンジを繰り返していくことが長所です。

○○という場面で「もっとよいやり方があるはずだ」と考え、結果的にいいものを生み出しました。(雑)
的な感じかと思います。

丁寧に書くと、

僕の所属していたチームは常勝校で練習のメニューはすでに完成されたものが用意されていましたが、それは今のチーム向けに作られたものではありません。今の自分たちには、自分たちにあったメニューがあると考え、新たなメニューを試行錯誤し、よりよい練習メニューを作り出しました。結果として、今年も勝つことができました。

みたいな感じになるのかと。

自分の経験したストーリーの中で、自分のグッドポイントが活きたシーンを見つけ出して語る。
ただそれだけでいいエピソードになると思います。

上記で言えば、「もっとよりよいやり方がある」と考える長所が活かされたエピソードですね。

さいごに

グッドポイント診断ですが、やってみると面白いし、診断結果は非常に使えるものだと思います。
アンケートの回答は20分くらいかかってしんどいですが、20分でここまでわかるのは素直にすごいなと。
しかも無料で出来るのがすごいですね。(リクナビへの登録が必須です。)

ここまで読んでいただけた方は、それなりに興味があると思われるので、後になると絶対めんどくさくなって登録とか診断とかしなくなっちゃうので、今から登録→診断ってやることをオススメします!

あれですよ。「いつやるか?いまでしょ!」ってやつです。

おわり。

働き方
スポンサーリンク
ミヤをフォローする
スポンサーリンク
ミヤログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました